名づけられぬものの岸辺にて

切実な疑問

物語としての忠臣蔵をいちばん最初に触れたのは亡くなった勘三郎丈主演の大河ドラマです(当時は勘九郎だったはず)。増上寺の畳替えで赤穂以外の藩は畳替えをしてるのに赤穂の範囲だけは積極的に吉良上野介は指示をしなかったりであるとかエピソードは幾つ…

選択のこと

目の前に選択肢があって、それがアイスを選ぶときのバニラかミントチョコかでも良いのですが、無難なバニラを選択すると「ミントチョコのほうが良かったんじゃないの」という「ある選択をしなかったことに関しての損してるかもしれないという後悔」を意識し…

がんの不条理

けっこうふざけたことを書いていますが私も人の子で、両親が居ました。母は乳がんでした。「がん」の進行具合にもよりますが、「がん」は抗がん剤を投与する場合があります。抗がん剤には副作用があることがあるのですが、抗がん剤の副作用のうち制吐剤がい…

言葉のたらないのない国(16日追記)

前にも書いたかもしれないのですが、「春はあけぼのようようしろくなりゆくやまぎわ」っていうのを10代の頃に古典でやりました。このことを考えると頭がいつも頭がじわじわとマヒしてくるのですが、そもそもなんで「春はあけぼの」なの?っていう疑問が昔か…

「日本人でよかった」の気持ち悪さ

私が育った町は昭和の終わりくらいまで不発弾の処理というのがありました。戦前、飛行機会社があった影響で空襲がなんべんもあり、不発弾が工事の最中に見つかることがあったのです。たいてい処理の日は週末で指定された場所に避難してその間に自衛隊の方や…

未熟化する社会(一部加筆)

ある程度の男女経験があるんすが、裸になったとき未知の常識ってのにぶつかったことがあります。私の身体には思春期以降下半身の正面の一部だけ密林があります。剃っておいたほうがいいかもよ、というそれとなく半分冗談半分真面目に忠告を受けたことがあり…

秘密

姿も形もないけれど厄介なのは秘密というやつです。いちばん楽なのは抱えてるものを放り投げちまうことです。ですから、けっこう人は秘密を抱え込んだときにはそれをやっちまいます。よくあるのは「ここだけの話だからね」とか条件をつけながら自らの秘密や…

シンガポールのこと(一部加筆)

シンガポールという国があります。隣接するマレーシアと連邦を組んでいましたが中華系住民が多いことから独立した国家となりました。資源の乏しい国ですが、いまはアジアの物流センター・金融センターとなり、日本からも多くの観光客が訪れる都市でもありま…

勝ちに行く

野球というのには敬遠というのがあります。勝負を避けること、といえばいいでしょうか。むかし話になっちまうのですが、巨人阪神戦で槇原と新庄が対決したことがありました。そのとき絶好調だった新庄との直接勝負をさけるため、巨人はわざと四球にしようと…

厄介な世界

千葉に市川市というところがあって、そこは輪番停電時にしっかり停電になってました。市川市内には総合病院がいくつかあるのですが、そのうちの一つもきちんと停電してました。病院が停電するってことは、病院の機能がストップすることです。停電中は自家発…

大事なもの

一度もあったことがない人からたぶん否定的文脈としてからかい気味に実際の体型と違う「あなたは○○○なんでしょ?」っていうことを言われたことがあります。私は自分の身体を含めて他人に愛してもらった過去があってその身体や過去やプライドもどこか大事だと…

暗闇坂からぐるぐる

「文学を殺したのはだあれ?私だわ、と大江健三郎はいった」という文章が、私の大学生時代にかかれてます。大江健三郎さんがノーベル文学賞を受賞し、いったん断筆した直後です。書いたのは中島梓という、評論家です。別名、栗本薫ともいい、SF・ミステリ・B…

蜜の味

人の不幸は蜜の味っていうことばがあります。実際、ほんとに蜜の味がするのかはわかりません。出来れば不幸の話ってのを聞きたくもなくなるべく避けて生きてきたので、そんなもんなのかなーと思いつついまいち理解できてません。ただそういうのを味わいたい…

正しさの先にあるもの(一部加筆)

いってることがめんどくさいので、めんどくさいことがお嫌いな方は飛ばしてください。以前はグレーゾーン金利というのがありました。今でもありますけど、そろそろなくなります。利息制限法では、借入額が10万円未満だと年20%まで利息がとれます。で、もう…

平等と少数派

国会議員の選挙で各選挙区の議員定数の配分に不均衡があり人口数との比率において選挙権を持つほうの一票の重みに不平等が存在しててその不平等が最大4.86倍(鳥取県>神奈川県)もある07年の参議院の選挙は違憲じゃないの?という訴訟の判決が先月末にあり…

明徳星陵戦

野球と政治の話はあまりしないほうがいいんすけど、野球の話っす。 同じ30代だったりすると野球で話が合うことがあります。案外、同じ試合をみてることがあるからです。つい最近もそんなことがありました。ある高校野球の試合です。なんでそんな話になったの…

快感

新入社員として大阪にいた頃に、普段はわりとまともなんすけど一時間もない昼休みのわずかな時間をつかって梅田から阪神電車にのって尼崎センタープールまで行き、競艇を一レースやって帰ってくる、なんてことをする先輩がいました。宣言どうり一時間もしな…

体質1

90年代になっても比較的学生運動が盛んな大学で勉強してたんすけど、その学生運動にはまったくコミットしませんでした。云ってることのスジは正しいのだろうけど、なんつーか裕福な家の子じゃなかったからバイトしててそれに忙しかったのと、なんとなく皮膚…

模索2

案ずるより産むが易し、っていうことばがありますけどちょっと前に書いた「でかいもの」についてはそれをみたときちょっと無理じゃないか、って思ってました。ただ相手がしばらく動かさないでって頼んだら応じてくれるような経験豊富な人だったせいか、なん…

模索1

爆笑レッドカーペットっていう番組があります。偶然ちらっとみたのですが、赤いカーペットの上の笑うセレブの映像を見て誰か当てるという番組ではなくお笑い芸人がオリジナルのネタを1分間程度見せ、ネタが終わると足下のレッドカーペットが動き出演者は脇…

ブーメラン

塩ラーメンはもののたとえなんすけど、塩ラーメンになぜゴマがついてるかってことを語ってるときに、塩ラーメンにはゴマが入ってるのがデフォルトなんですよですからそんなこと気にするほうがおかしいとか、すきずきでは、っていうニュアンスのことを云われ…

真面目なエントリをすると肩が凝るので不真面目なこと書きます。えっと、ゲイの人の場合必要に応じて尻の毛やデリケートゾーンを剃ることがあります。誰もがすべてそれをやってるわけではないのですが、主に毛シラミ対策(不特定多数と関係を持つ場合相手が…

慣習と平等と

大きな声では言えないのですが、私はゲイ関係の運動にまったくコミットしてきてません。ブログでもあまり述べていません。ほんとインクローゼットの人間で、陰でこそこそ言うのはどんなもんかなー、と思ってたからです。ただなんとなくもやもやしてることは…

写真集とわいせつ判断

男性器の写真が収録された米国の写真家、ロバート・メイプルソープ(1946〜89年)の写真集がわいせつ物にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審判決が19日、最高裁第3小法廷であった。那須弘平裁判長は「写真集は芸術的観点から編集されており、全…