身延へ行く

甲府から南へ向かう静岡行きの身延線の特急で50分強、各駅停車だともうちょっとかかるところに身延という街があります。その身延の街からさらに山間部に入ってゆくとあるのが

久遠寺です。土曜に遊びではない用があって山梨に居ておそくなるのは確実だったので日帰りにせず、それを奇貨として誘っておき、用が済んだあと合流し、翌日軽い気持ちで身延まで来たものの、山門をくぐり

石畳の参道の先にあったのが

菩提梯という高低差のありそうな石段です。(1人だったらそちらを選択してたかもしれない)脇道があるのを確認し、一瞬急勾配に躊躇しつつ、「どうする?」「どうもこうもないだろ」と登りはじめてます。正確な時間は計っていませんが10分程度かかったはず。達成感はありましたが正直江ノ島よりきつく、登り終えて大休止の時間となってます。あとで調べると287段あって登り切れば涅槃に達するとはいうものの「こんな涅槃なら地獄のほうが」と思うような経験です。なぜかしばらく吐き気があってそれを告げると小声で笑いながら「つわり?」と訊かれボケにのる余裕も無かったので「たぶん」と頷くとアクエリアスを渡されて、礼を述べてそれを貰ったら不思議とおさまりました。脱水症状だったのかも。

「つわり」が落ち着いたあと本堂に参拝し、ロープウェイでさらに奥の院を目指したものの

奥の院近辺は雨が止んだ直後ということもあって、(ほんとは富士山が見えるらしいのですが)眺望は良くはありません。

それでも眼下には峡南の景色が広がり、日蓮が居た身延がどれだけの山の中にあるか・俗世より離れたところにあるか、ということが理解できる程度に一見の価値はありました。なお、うねうねと曲がってるのは駿河湾に向け南下する富士川です。

身延から富士川沿いにさらに南下したところに富士宮という街があってそこで寄ったのが

静岡県立富士山世界遺産センターです。木格子で組まれた漏斗状の(水面から上の)部分がメインの展示スペースでらせん状に通路が設けられ、ニューヨークのグッゲンハイム美術館と同じく勾配のある通路を歩いてゆく構造です。勾配のある通路はほぼ映像が流されているのですが、詳細な説明をする部分ではさすがに平面になっていました。その詳細な説明はタッチパネルで行うのですが英語等と日本語の切り替えが可能なシステムになってて、インバウンド客をにらんだ施設になっています。

ただ静岡県の施設ですから山梨のことには多くは触れられていません。でも歴史博物館的機能を持ついくらかマニアックな施設です。たとえば静岡側の富士信仰は仏教色が強かったことなどを見学してはじめて知りました。

個人的には効率性を無視した建物が大好きで、つい、その方面からもじっくりと鑑賞しちまってます。

あわただしい小旅行になっちまいましたが、もうちょっと遊んでいたいのを封印して帰京しました。見知らぬ土地や新しい博物館を見学するというのはいくらか刺激的で、疲労が無かったわけではありませんが後悔はなかったり。

「はてなブロガーに10の質問」回答者・40代のくたびれたおっさん編

ここをどういう人が読んでるかわかりませんが、改めての自己紹介を兼ねて、はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」に乗っかります。

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

「名付けられぬ浅い領域のほとりにて」というブログ名は深く考えてつけたわけではないです。書いてるやつは形式的にはいわゆる性的マイノリティ属しますが典型的なイメージからは大きくかけ離れててそういうの自称していいの?という迷いがあって「名付けられぬ」を入れ、更に専門家ではないにもかかわらず家族法や本などについて言及してるので「浅い」を入れています。なにかしらの本流に近づけるはずもないので「ほとりにて」。

gustav5というハンドルネームはid取得時にGustav Mahler交響曲5番のCDが目の前にあったのでそれにしました。焼肉のチラシがあったらタン塩にしてたかもしれません。

はてなブログを始めたきっかけは?

乃木坂の交差点での途中でいつまで青信号なのだろうと不安になったから…じゃねえ、ダイアリーからそのまま移行しました。

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

お気に入りというと微妙だけど、去春以降ずっと答えのでない疑問があって、

gustav5.hatenablog.com

いまだ答えはでてないけど、「文章にして=言語化して、頭の整理をする」という経験はブログを書いてないとしなかったかもしれなくて、その点では上記の記事が妙に印象に残っています。

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

冗談抜きで「書きたくなる」という感覚がいまいちわからないです。

他人にわかるように文章をまとめることは考えることで、考えることを放棄するとバカになりそうな気がするので、書けるときには書いています。

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

6記事ほど。ほぼ読んだ本に関することです。私はバカなのを自覚してるのでいっぺんですべてを理解できると思っていなくて、もう一度読み直したあとで修正を加えたほうが良いかも…と考え、しかし読み直してないのでお蔵入りしてるパターンです。こんなことを書くのは少数派かもしれませんが読んだ本について感想を書くことはおのれの読解力を筆頭に脳内をすべてをさらすような気がしてて、公開することにちょっと慎重+臆病になっています。

自分の記事を読み返すことはある?

書いた直後に誤字脱字の修正や句読点の打ち直しをすることがありますが、修正後は読み返すことはあまりしないです。

ただ注目記事などアクセスが集中したと思われるものについては「ちょっとまて、おれバカなこと書いてないよな?」と不安になって当該ページを読むことはします。

好きなはてなブロガーは?

事象に対しての視点や本や映画の感想などを参考にさせていただいてる方はいるけど、好きなブロガーといわれるといないです。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

一言というかなんというか。

ダイアリーからはてなブログに移行したとき、どうやってカテゴリーを表示させればいいのかがわかりませんでした。ヘルプを参照しても、こちらが知りたいこと≒どこをどうやったら各種カテゴリーを表示させることができるのかはそこからは読み取れません。詳しく知らない人が迷ったときにヘルプを読むことを前提にヘルプというのはあるとおもっていたのでヘルプと書いてあっても迷った私にとっての助け船になってないヘルプを読むとYou can go to hell!という感想を持っています。次いで「ダッシュボード」というところを眺めていると「デザイン」の項があったのでそこを開くと「カスタマイズ」というのを見つけそこに「サイドバー」というのがあり、そこでやっと「カテゴリー」を表記させるカテゴリーモジュールをみつけ、なんとかなった次第です。見つけるまで5分くらいかかってて、ほんとはもっと効果的な見つけ方があるのかもしれませんが見つけることができませんでした。

いまはそういう初心者殺し的なイケズなところに慣れ、はてなブログに対して特に一言はありません。しなもん会長とは別の意味で、飼い慣らされたはてなの犬です。わんわん。

10年前は何してた?

そんな昔のことは忘れた…と云いたいところですが、いまと同じく働いていました。

 

gustav5.hatenablog.com

なにしてたっけ、と過去記事を眺めてたら愛宕山へ登っていました。

この10年を一言でまとめると?

一言でまとめられてたらおそらくブログなんて書いてないです。

百歩譲って一言でまとめることが出来る人が居たとしても、私は器用ではないのでまとめられず、なのでダラダラと書いています。

バスの中のソーシャルディスタンス

体重はずっと変わらないものの、ここ数年で確実に変化したのが気圧に対する耐性が無くなったことです。気圧が低いほうへ変化すると頭痛や身体がだるくなる回数が増えました。酔い止めを服用すると良いとは同僚から聞いてはいますが、服用したら眠くなるのは確実なので・勤務中に注意力散漫になるのは避けたいので、耐えてしまうことが多いです。そういう体質なのでかつてのスペインのように午睡(シエスタ)の時間の創設を切に希望するところで、選挙が近いので労働政策についての報道を眺めはするものの残念ながらそんな政策を掲げてるところはありません。睡眠ファーストの会とかあったら絶対投票するのですが…ってそんな話はどうでもよくて。

いつもは最寄り駅から歩いて帰宅します。が、昨日今日と東京は気圧が下がり気味でいくらか疲れてて・今夜は雨も降っていたこともあって・最寄り駅そばのドラッグストアで買い物をしたこともあって、数停留所ほどバスに乗っています。(実際2つめの停留所で降りる人が複数いたので)似たようなことを考える人が多いのかそこそこ混んでてでも車内は静かで、吊革につかまる立ち客もけっこういました。ただ観察すると立ち客が多いのは二人掛けの席でも必ずしも二人座ってないからで・最後尾の五人掛けの席でも五人座っていないからで、くたびれてたので一瞬だけ「詰めて座ればいいのにな」とは思ってイラッとしたものの数秒後に(会話しなければいいのでは?と思わないでもないのですが)「ああソーシャルディスタンスか」と気がついて腑に落ちてます。誰も正しくて、誰も悪くはありません。疲労時にバスにお世話になるほうからすると(できれば座りたいので)、第六波がこのまま来ないで終息してくれるとほんとありがたいのですが。

でもって、気圧が低くなってるときって深く考えずにイラっとしやすくなることってないっすかね。気圧のせいじゃなくて注意力散漫になって隠してたおのれの本性が顔を出しただけかもしれないのですが。

大根おろし再発見

そばに大根おろしかつお節やねぎ、それにそばつゆをぶっかけたものをおろしそばといい、福井でそれを知ってからは作るようになっています。メジャなものとは云えないものの福井以外の蕎麦屋でも出すところは出します。東京都心部のそばのチェーン店でもある小諸そばでもおろしそばはあるのですが、(卵嫌いな私以外誰も困ってない可能性が高いのですが)困ったことにウズラの卵が載っていて、いちどたりとて注文したことはありません。というか、自作するのがめんどくさいものをそば屋で頼むことが多いので、外食でおろしそばを頼むことは稀です。

土曜にいままで入ったことのない蕎麦屋に入りました。関東は10月に入っても暑い日が続いていて、滅多に頼まないおろしそばを頼んでいます。出てきたのはざるに載ったそばで、別途蕎麦猪口と、皿に載ったかつお節と大根おろしがありました。ぶっかけではないとは上品な、と思いつつ、上品に啜っています。食べ終わったら蕎麦湯を店員さんが持ってきてくれたのですが、蕎麦猪口の中はそばつゆに大根おろしかつお節が混ざった形容しがたい状況になっていました。これに蕎麦湯を注ぐのかな?と躊躇しつつ、死なば諸共と目線を送ると温玉をプラスしていたのでその残骸があって「おれは止めておく」といい、戦線離脱しちまってます。でも蕎麦湯を持ってきた以上おススメなんだろうと考えて、ええいままよ、と蕎麦猪口に蕎麦湯をいれてみたのですが。

大根おろしの辛みがあってもかつお節とめんつゆが入ってるので悪くは無くて、むしろ舌に載る大根おろしの食感がなんとも不思議で、これもこれでアリだな、というか。

蕎麦湯に大根おろしであれだけになるのならば大根おろしを味噌汁に入れればよいのでは、と思い立って検索するとマルコメのレシピにちゃんとありました。大根おろし後入れということだけ理解してやってみたのですが、ザッツ男の料理的な雰囲気になっちまうもののおかず感が増してこれもこれでアリだと思えました。いまさらなのですが、大根おろしの奥深さを再発見した気が。

裸眼視力が良くないやつの風呂における諸問題

読書家と自称するには憚られる程度の読書しかしていません。が、本を読むことは嫌いではなく、なのである程度の距離を電車に乗る時や病院などの待ち時間に本を持ち込むことがあります。先月にワクチンを接種してて、どうあがいても30分待機組繰り入れは明白だったので接種後の待機エリアにも本を持ち込んでいました。かといって風呂に入る間も惜しんで本を読む、というほどではありません。読書も好きですが風呂も好きです。

はてな今週のお題が「お風呂での過ごし方」なのですがすぐ読みたい本・中断するのがもったいない本があっても風呂場に本を持ち込むことはしたことがありません。風呂場に本を持ち込む人が居るというのは20年くらい前には知っていて、湿気で本がダメになってしまわないのだろうか?とか濡れた手で触ったら本がダメにならないのだろうか?とか疑問は尽きぬのですが、しかし身近に風呂場に本を持ち込む勢が居るわけではありませんから謎が多いままで、20年くらいその謎を解こうとも思わずに今に至ります。裸眼の視力が良くないので、謎を解いたところで風呂場で本を読めないからです。くたびれたおっさんの入浴事情なぞ誰も興味を持たないと思いますが念のため書いておくと、お湯に浸りながらぼーっとしてることが多いです。

日頃はコンタクトレンズもしくは眼鏡を常用していて、入浴中は外してます。風呂に眼鏡を持ち込みたいところですが「レンズがお湯に弱い」と小さい頃に聞いてからそれをバカ正直にいまでも信用してて、しかしほんとかどうかを実験するには眼鏡は私にとっていいお値段すぎるので実証したことはないです。なので実際はわかりません。風呂用のメガネがある、とも聞いていて、チェーンの眼鏡店へ見に行ったこともあるものの、残念ながら乱視用はなかったので諦めています。風呂場で本は夢のまた夢です。

以下、風呂での些細な話を書きます。

自宅では市販のシャンプーとリンスとボディソープを使ってて、いま市販の容器にはシャンプーはかすかなギザギザの突起が、ボディソープが縦のラインの突起が入るようにはなっていて、さらにシャンプーとリンスとボディソープのフタ付近の色が異なるので、なのでメガネを外してもまず間違えることはありません。しかしホテルやラブホや温泉など外では市販の容器に入ってないこともありますからもちろん過去に間違えたこともあって「股間から柑橘系の香りがするんだけど」=つまり、おまえシャンプーとボディソープを間違えたろ、と笑いながら指摘をされたことがあります(股間からの柑橘系の香りを他人が指摘するという状況はどういうことかよいこのみんなはわかんなくていいです)。こっぱずかしかったのでそれ以降、外では必ず念入りに確認するようになりました。できれば市販の容器のようにギザギザの突起や縦のラインの突起の容器を入れて貰いたいのですがまずそんなことはなく、突起が無くても裸眼のよくないやつのために大きめの文字のものにして欲しいところなのですがスタイリッシュなデザインを優先するのか文字は小さく区別がすぐにはわかりにくく、そういう場面に遭遇するたび小さくイラっとすることが多いです。

もっとも、風呂から出るとまずその場では忘れてるので、風呂はそういうイラつきも泡と一緒に流しちまうのかもしれないのですが。

「今日の仕事は楽しみですか?」雑感

それをどこで読んだのか全く記憶が無いのだけど中島らもさんが以前、「仕事と愛」だったか「ビジネスと愛」だったかについて書いていました。上司と部下が恋仲になってしまった挙句に在庫管理をしなければならぬ倉庫で(よいこはわかんなくていいような)いたすことをいたしはじめるマンガの例を挙げ、愛というものは仕事やビジネスと相容れない概念である、と喝破(?)していて、妙に腑に落ちています。ただ偏愛とか略奪愛とかホークス愛とか愛という言葉はあいまいなのでどこにでもくっつくので厄介で、なおかつ、けっして悪い印象にならないのが難点です…って愛について語りたいわけではなくて。

東京ローカルな話で恐縮ですが、品川駅にまったく縁が無いので実物を見たわけではないものの、今週に入ってから「今日の仕事は楽しみですか」という広告が品川駅の通路に掲示され、それが物議をかもしていました。「楽しみ」という言葉も「愛」と同じくあいまいで、「今日の仕事は楽しみですか」以外にも「今日の退勤後のビールは楽しみですか」とかあいまいゆえにどこにでもくっきます。加えて、「楽しい」ことは悪い印象にはなりません。ただそれを評価軸にすると少なくとも仕事に関しては変なことになることが有り得ます。安全をすべてにおいて優先すべき職場では当然「安全が第一」なのですが、「安全が第一」は凡事徹底なので必ずしも楽しくありません。というか総務も経理も凡事徹底で、凡事徹底の職場に楽しさという評価軸を入れるとまず「楽しい」わけはありません。「楽しい」と反対の「楽しくないこと」が存在してはじめて仕事は成り立つことが有り得ます。給料を得ながら「楽しくないこと」があるから別の場面では「楽しい」と思えることもあるわけで。

「仕事は楽しみですか」ということばは根っこに「仕事は楽しく」という発想があるはずですが、すべてにおいてそうあれば現世は楽園ですが、残念ながら現世は楽園ではありません。なんだろ、「今日の仕事は楽しみですか」とコピーを書いた人の・オッケイを出した人の、仕事観・世界観がことばによってあからさまにタダ漏れになってて、ことばをつかって文章を書くことって怖いな、と品川駅の広告の記事を眺めてて考えちまいました。もしかしたらそんな感想を抱くのは少数派かもしれません。でもって、出稿した側の意図した意味を私がとれてない可能性もあるのですが、だとしたら「伝わるように書く文章って書くの難しいな」とも思っちまっています。

仕事と愛の中島らも説のように相容れない概念とまではいかぬまでも、楽しさと仕事はちょっと縁遠いのではないか、と個人的に思います。残念ながら(残念ながら?)いままで「今日の仕事は楽しみですか?」と訊かれたことはありません。できれば懐から黒ラベルを出して「男は黙ってサッポロビール」とシャレにしたいところですが難点がひとつあって口にしたら黙ってないことになります(加えてビールを常に懐に入れるわけにもいきません)。シャレの効いた受け答えをするとしたら、なにがベストなのか5分程考えたのですが、やはり思い浮かびません。そういう点からしても拡がりのないつまらない問いかけなのかなあ、と。

ハンコもしくはインコの問題

なぜそんな言葉を間違えるのか我ながらわからないのですが、昔からハンコと印鑑がごっちゃになり、ハンコと云おうとしてインコと云ってしまいそうになることが稀にあります。なるべく捺印という言葉を使うようにはしてるものの、過去の云い間違いの失敗の記憶が強烈なのか引き摺られて「イ…」まで口にして気がつき、捺印と云い直すことが無いわけではありません。インカン証明をインコウ証明と間違えるのが言葉の響き的にいちばん怖いものの、幸いなことにそれは云い間違ったことはありません。云い間違うの可能性があるおっちょこちょいなほうとしては、今年になってから急にあちこちで印鑑やハンコをなくす動きがあることは大歓迎であったりします…ってそんなことはどうでもよくて。

住んでいるところの火災保険の更新があって書類のやりとりをしていて、保険業界もハンコ不要に動き出してるのか事前には捺印は要らなくなったと聞いていて実際書面には印の欄は無かったのですが、しかし添付されたペーパーには署名捺印の上ご返送くださいと書かれてて、え?どっち?と迷っています。仲立をしている代理店の方に電話で念のため確認を取るとやはり要らなかったようなのですが、過渡期なのか、混乱しているようで。

今回は「イ」もなくもちろん云い間違いをせずに捺印と云えてます。云い間違いを意識しないで「印鑑」「ハンコ」「捺印」と云える日が来るのかな、と思いつつ、社会人になって二十数年経過して直らないんだからたぶんそんな日来ない可能性が高そうですが。