たまにお漏らしするコーヒーマシン

違いがわかる男ではなくインスタントコーヒーが苦手なので家でのコーヒーは常に粉のキリマンジャロを常備していて、それをコーヒーマシンにセットしています。コーヒーミルで豆を挽きフィルタを敷いたドリップにいれそれにお湯を注いで…ってのに憧れがないわけではないものの、その点私はかなりゆるいです。森博嗣さんのS&Mシリーズでコーヒーを愛飲する犀川先生という登場人物が居て『封印再度』という作品の中でコーヒーマシンにコーヒーをセットする描写があって、おお!同朋が居る!!と妙に親近感を覚えたことがあります。しかし残念ながら私はコーヒーを飲んでも犀川先生のような明晰な推理はできません。なのでいつものように役にも立たないくだらないことを書きます。

いまあるコーヒーマシンはサーバーがステンレスで象印製の、確か12年以上前のものです。それまでのコーヒーマシンのサーバーがガラス製でそれを割ってしまってて、なので「頑丈なやつが良い」と考えてそれにしています。さすがにステンレスだけあってサーバーは壊してはいません。もちろんサーバー以外も現役です。

…と、いいたいところなのですが。

いつものようにセットしたあと、なぜか

「コーヒーがサーバーに入る量<コーヒーがコーヒーマシンから零れ落ちる量」

になってしまうことがあって、当然コーヒーが溢れ出ることがあります。幸いなことにコーヒーマシンの下にホーローの比較的大きめの受け皿を敷いてあるので大惨事にはならないものの、コーヒーマシン内に残存した水がすべてなくなるまではどうしようもなく、しかし注意深く事態を注視したところでなんの意味も無いので、あちっあちっと云いながら雑巾で拭きとることになります。それがこの1年くらいで何十回に1度ペースで起きるようになりました。長持ちさせようと常にきれいにしてるのでサーバー上部やコーヒーマシン内部の粉の目詰まりも考えにくく、フィルタも粉もほぼ毎日同じものを使ってて、原因がわかりません。ほんと謎です。拭いたあとのコーヒーの香りのする雑巾を手にすると犀川先生のように明晰な推理ができる脳を持ってないことが悲しくなってくるのですが。

お漏らししたコーヒーマシンを見て「買い換えたら?」というアドバイスは貰っているものの、まだダイジョウブな気がして(正常性バイアスという言葉もチラチラ頭をかすめつつ)、踏ん切りがつきません。理屈でないところで生活に溶け込んで愛着を持ってしまってるのかも。

はてな今週のお題が「マイベスト家電」なのですが、手放せないという点では長年連れ添ったたまに(≒60日中59日は平常に稼働する)お漏らしする象印のコーヒーマシンです。特に他人に「どうだスゲーだろ」とえばれる特徴はサーバーが頑丈という以外何一つないです。でも家電って「どうだスゲーだろ」とえばるために買ったり持ち続けたりするわけではないような気が。そんなことないっすかね。ないかもですが。

秩父の味噌ポテト

土曜は秩父の山の中にいました。

三峯神社の門前では味噌ポテトというのを売っていました。ジャガイモを片栗粉(かなにか)で揚げ、甘辛いタレを塗ったものです。存在は前から知っていましたが、今回はじめて食べています。

食べてみてわかったこととして、蒸かしても割れぬねっとりとしたジャガイモなのですがジャガイモそのものにあんまり味がしないちょっと不思議なやつで、塗ってあるタレは(東京で流通してる信州味噌ではなくて)麦味噌ベースにハチミツか砂糖をあわせたのではないかと思われるやつで、合わせ技ではじめて成立する不思議な、しかし、もうちょっと食べたいと思わせる食べ物でした。酒のアテに良さそうでもあります。

あとで「作れる?」と訊かれ、メークインなどで似せたものは作れるかもと答えたものの(店先で品種を聞き損ねたのが悔やまれるのですけどジャガイモの品種が謎で)同じものは作れそうにありません。ほんとに食べたくなったら秩父まで来なくちゃいけない気が。もっともそれが郷土料理の醍醐味かもしれぬのですが。

秩父の山の中は山しか見えません。山の向こうの甲州は皮つき小じゃがいもを炒めたあと味噌と砂糖などで煮込むせいだのたまじってのがあるんすけど、隣接しつつも山を越えるとジャガイモの料理が微妙に変化するのが興味深いなあ、と。

出かけた先で見知らぬ美味を発見すると、なんかこう、微妙にうれしくなりませんかね。ならないかもですが。

滑稽でコメディに近い笑えぬこと

甲府駅から北へ行くと武田神社があります。創建は大正期で古社ではないものの武田信玄を祀っています。治水を含め甲州にとって功績があって神様として祀られてる信玄公ですが、同性宛の恋文とも思われる弁解の手紙も発見されています。信玄公も恋をしていたという事実が個人的には人間臭くて好きなのですが…って、そんな話をしたいわけではなくて。

唐突に甲府の話をはじめたのは「同性愛は精神障害、依存症」とする旨のどこかの大学の先生が書いた文書がある党のある会合で配布されたというのを報道で知って、仮に額面通り受け取ると「だったら人間臭い信玄公は精神障害とか依存症ということになっちゃうな」と思ったからです。念のため書いておくと人は誰しもが精神障害や依存症になっても不思議ではないです。ただ実際問題としてWHOの基準では同性愛は精神疾患とはなっていません。それでもなお「障害」や「症」と名付けることになにか意味があるのか?と考えると、そう名付けたい人の脳内にしか意味を持たないのではないか、と思えるのですが。

なおその文書では「性的少数者の性的ライフスタイルが認められるべきではないのは、家族と社会を崩壊させるから」とも書いてあったようです。東海道中膝栗毛という十返舎一九滑稽本がありますが、ご存じのように主人公の二人はもともとは陰間茶屋の客と従業員です。多くの人に読まれましたがどう考えてもそれが原因で江戸幕府が崩れたわけではありません。どことは書きませんがその党のその会合の内容というのは滑稽で風が吹けば桶屋が儲かる的なコメディに近いです。残念ながら私は(性的マイノリティなので)笑えませんが。

さて、くだらないことを。

蛤が名物の桑名で弥次さんが「おまへのはまぐりならなほうまかろう」(←よいこのみんなはわかんなくていいです)といって茶店の店員を触るのをみて、喜多さんも触ろうとして店員にはたかれるエピソードがあります。この話が何を示すか。(弥次さんも喜多さんも聖人君子ではないってのもあるのですが)他人の真似をすることほど不粋なことはないということだと思うのです。選良がそんな不粋なことをするとは思えませんが、他人の意見を丸吞みして似たような笑えぬことをいってるのを目撃したら、(全力ではたきたいところですがそれは政治家への暴力になってしまうのでできぬので)不粋な人だなと思いながら心底軽蔑するつもりです。

30年以上前のやさしいウソ

10代の頃からまぶたの裏に結石ができやすかったりします。眼科で麻酔の目薬をさして針でとってもらうのですがここのところ忙しかったのでしばらく眼科から遠ざかってました。でもちょっと変だと思って観念して眼科へ行き、処置をしてもらえてます。麻酔の切れた後は違和感がいつもあるのですが耐えられないほどではありません。

「結石は大人になったら出来なくなる」なんて10代の頃にいわれていて、それをどこか信じていたのですが、いまでも出来ます。ということはもしやこれは私が大人になってない証拠なのでは…ってくだらない冗談はさておき、ドクタに確認すると「年齢関係ないです」とのこと。だとすると、当時担当してくれた駿河台の病院のドクタはなぜ希望を持たせるようなことをいったのか。考えられるのは「やさしいウソ」だったのかも、なんすが。もちろん正解はわかりません。いまは諦めがありますが10代の頃に「永遠に続くよ」と云われてたら「うげー」となってたでしょうから、そのやさしいウソは効果はあったかな、と。

どの科でもドクタには事実をいってほしいと思いつつも、30年以上前のやさしいウソを糾弾するつもりはないです。でも、なんだろ、やさしいウソをなんかおかしいと思いつついくらか信じてたせいか、いくらかの動揺がないわけではなかったです。でもって些細なことで動揺したのでやはり完璧な大人にまだなれてないことも自覚したのですが。

梅雨明け10日の暑さの中で

大根おろしかつお節やねぎをつかったそばを越前おろしそばといい、福井でそれを知ってからは夏に作るようになっています。今年はまだ6月ですが昨日の日曜に作りはじめてて、つまるところ、すでに暑いです。いくらかバテ気味です。毎年大根おろしに救われてて、おそらく今年も同じになるはずで、福井には感謝しかありません…って福井の話を書きたかったわけではなくて。

東電管内は電力逼迫に関する報道が出ていて、311の直後の輪番停電は冬の終わりでしたから対策をほとんどしなかったのですが、さすがにこの暑さだとあれこれ考えちまっています。小さな保冷剤も突っ込んであるもののインゲンやブロッコリなどの冷凍野菜を冷凍庫に放り込んでて、減らした方が停電になったら被害が少ないかな…と、とりあえずブロッコリを茹でてめんつゆとごまとごま油などを使ってナムルっぽいのを作っています。もしかしたらこういうのを泥縄というのかもしれません。泥縄ついでに書いておくと、万一停電になったら冷蔵庫の食材ってどれくらいもつのだろう?と気になって検索したら冷蔵庫を作ってるハイアールの日本法人のページがヒットして、3時間を経過したら食材廃棄も視野に、とありました。大根は大丈夫だと思うものの、牛乳は買い置きしないほうがよかったようで(安いからと消費期限に余裕のあるものを余分に買ってしまっていた)。

とりあえず今日はありがたいことに停電等はありませんでした。しばらく梅雨明け10日の暑い日が続くはずなのですが、いくらかヒヤヒヤしながら過ごすことになりそうな気が。

バターとコッペパンそれと揚げパンの記憶

博多華丸大吉さんの漫才のひとつに人間の記憶は不確かであると主張する中洲産業大学卒の博多のお父さんが出てきます。昨日なにを食べていたか?昼はちゃんぽんやったけど夜はなんやったかいな…と躓きます。私は昨日の晩飯はさすがに覚えてますがかなり前だと怪しいです。思い出す期間が子供の頃のことならなおのことで。

でも断片なのだけど、強烈に記憶してることがあります。バターです。

小学校の頃の給食で出て来た銀紙に包まれた四角い雪印バターはひたすら固く、舐めればもちろんバターの味はしたものの、温かくはないコッペパンの上に載せても挟んでも溶けるはずもなく正直厄介で、バターの歯ごたえをよく確認してました。あのバターはどうやって食べるのがベターであったのか、いまだに謎です。高校生のとき同級生の家で朝に食べた瓶詰のバターはゆるゆるで美味しくて「こんなバターがあるのか」と驚愕した経験があって、大人になってある程度お金が自由になってからはジャガイモに載せたりパンに塗ることを想定する場合は財布と相談しながらも可能なら比較的ゆるゆるめのバターを買うようになりました。給食の固いバターの経験から、子供の頃の味覚や舌の触覚に関する快不快の記憶というのはその後の行動を左右するのでは?と仮説を持っています。仮説を持ってたって検証のしようはありませんが。

給食は(学期末に必ずカレーがあったものの)、パンが主でした。冷めてたのでバターは溶けませんでしたが、それほど時間が経過して居なかったのかパンはパサパサだった記憶がまったくありません。コッペパンを揚げた揚げパンも外はカリっとしつつ中はしっとりしていた記憶があります。それが6年続いたのですけど、結果的に(朝はコーンフレークでパン食で無かったこともあって)パン=パサパサしてないものという思い込み+刷り込みになった気がしています。コロナ禍になってからあるパン店でおそい昼めし代わりにあんパンとピロシキを買うことがあったのですが、まずあんぱんがぱさぱさになり、その次の機会にはピロシキもパサパサになってしまったことがあって悲しくなっています。やはり給食によるパン=パサパサであってはいけないという思い込み+刷り込みが根っこにあったはずで、子供の頃の味覚や舌の触覚に関する快不快の記憶というのはその後の人生を左右するのではないかな、と。

さて、はてな今週のお題

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

なのですが、怒られそうなことを書くと・スポンサーの意図を読まずに書くと、固いバターとコッペパンと一緒になにが出ていたのか記憶にありません。揚げパンと一緒に出ていたのがどんなメニューだったか、いまとなってはミネストローネあたりが嬉しいのですが、やはり思い出せません。たぶんちゃんぽんで無かったのは確実ですが、博多のお父さんを笑えません。人はパンのみにて生くるにあらずというのに、それじゃダメじゃん

同性2人の婚姻届不受理に関する大阪地裁の判決についての雑感

これからすっごくめんどくさい話をします。

婚姻に関する法律は民法の最後のほうにあります。俗に家族法と呼ばれます。その婚姻のところをいくら読んでも近親婚の制限や重婚禁止などの規定があっても同性同士の婚姻について禁止する条項がありません。でも不思議なことにできません。条文を追うと婚姻の効力について規定のある739条に「婚姻は戸籍法の定めるところによりこれを届け出ることでその効力を生ずる」とあります。民法より先に戸籍制度があったのでそれをそのまま利用していて、つまるところ上位法である民法家族法は戸籍法にもたれかかる構造です。その戸籍法等が男女2人の婚姻届提出を前提にしているので、できない側面があります。正確に書くと戸籍法の細かい部分を定めた戸籍法施行規則の付録目録第12号に婚姻の届出に関する様式が定められててそこには(長男とか次女とかを記載する)父母との続柄欄に片方が男、もう片方が女とあるので、どちらかが男でもう一方は女である2人を想定してて、同性二人ではそこに記入不可ですから届出しても受理してもらえません。同性のカップルがもし同じ籍に入るとしたら唯一の手段は養子縁組であったりします。

婚姻に関して戸籍法と民法のほかに憲法に留意する必要があります。24条1項には「婚姻は両性の合意のみに基づく」というのがあって、その語句を素直に読めばおそらく「両性の合意」では確実にない「同性2人の合意による婚姻」は憲法は想定してないのではないか、と思われてました。…というか勤労青年を経てあほうがく部を卒業し勤労中年かつくたびれたおっさんになったわたしも最近まで思っていました。

ところが。

夫婦別姓に関する訴訟(最判H27・12・16民集69巻8号2586頁)で、この24条について「婚姻は当事者間の自由かつ平等な意思決定に委ねられるべきであるという趣旨である」と最高裁判決理由中で述べています。この最高裁の考えに立つと24条が婚姻は当事者間の自由かつ平等な意思決定に委ねられてる規定であるなら必ずしも同性婚を否定したものではない、とも解釈できないこともないのです。だとすると、民法がもたれかかる戸籍制度および戸籍法施行規則によって婚姻が事実上異性間2人のものに限っている実情は法の下の平等を定めた憲法(14条)違反なのではないか?という疑問が生じます。夫婦別姓に関する訴訟がおそらくターニングポイントになったと思われるのですが、実際に現在、14条と24条に関して同性2人の婚姻を認めない民法戸籍法等は違憲ではないのか?という訴訟が各地で提起されています。

めんどくさい話を続けます。

先行した札幌地裁では「同性愛者が婚姻によって生じる法的利益の一部すら受けられないのは合理的根拠を欠いた差別的扱い」として14条の法の下の平等について違憲と述べ、ただ24条について婚姻は両性の合意のみに基づくとの規定は「両性など男女を想起させる文言が使われるなど異性婚について定めたもの」と解釈して同性2人では婚姻届けを提出できない現行の制度が婚姻の自由を定めた憲法24条には違反しない=合憲と判断しています。

21日付けの大阪地裁は、(おそらく各自治体が制度として導入しつつあるパートナーシップ制度を念頭に札幌の判断とは異なり)「異性婚が享受しうる利益との差異は解消緩和されつつあり裁量権の範囲を超えているとは認められず」法の下の平等を定める14条に反せず=合憲と判断し、婚姻の自由を保障する24条については明治民法における旧来の封建的な家制度を否定し個人の尊厳の観点から婚姻が当事者間の自由かつ平等な意思決定である合意にのみ委ねられることを明らかにする点にあることを指摘しつつ「両性の本質的平等」などの文言があることなどを踏まえ「異性間について定めたもの」と解釈して同性2人では婚姻届けを提出できない現行の制度が婚姻の自由を定めた憲法24条には反しない=合憲としました。条文を構成する語句はとても重要なのですが、どちらかというとその条文の語句に引き摺られすぎている印象がないわけではないです。

もうちょっと続けます。

webで公開されてる大阪地裁の判決(とされてるもの)等には「24条について誰と婚姻をするのかの選択は個人の自己実現そのものであって、同性愛者にも異性愛者と同様の婚姻又はこれに準ずる制度を認めることは、憲法の普遍的価値である個人の尊厳や多様な人々の共生の理念に沿うものでこそあれ、これに抵触するものでないことからすると、憲法24条1項が異性間の婚姻のみを定めているからといって、同性間の婚姻又はこれに準ずる制度を構築することを禁止する趣旨であるとまで解すべきではない」と述べていて、(つまり争点となってる現行の戸籍法等や民法の同性2人の婚姻について事実上門前払いの取り扱いに関し憲法との関係で違憲性はなしとしつつも)同性婚もしくはそれに類似する制度を全否定してるわけではないのが読み取れます。引用した部分がちょっと青臭くて理想主義に満ちている気がして印象的でした。

なお全く別種の裁判なのですが24条の「婚姻は両性の合意のみに基づく」について「憲法制定当時は同性婚が想定されておらず、同性婚を否定する趣旨とまでは解されない」と宇都宮地裁真岡支部では過去の裁判で判断していて、裁判所によって解釈と判断が割れています。24条に関しては今後各地で出てくるであろう判決も(建前は)裁判官は独立してるので多様なものがでてくるはずです。

私はセクシャルマイノリティに属します。ので、制度を使うかどうかは別として若干身近な問題です。大阪地裁の判断は進んでほしい方向から比べて若干退行した印象ですが、おそらく最高裁まで争うことになるはずで、しばらく推移を注視したいと思います。