「させていただく」ということば

「させていただく」という言葉があります。

この↑言葉についてなんべんか書いてるのですが長いこと強い違和感があります。もとは阿弥陀如来によって生かしていただいてると考える絶対他力の考え方のある浄土真宗の近江門徒の言葉で、阿弥陀如来が居て絶対他力という考えがあってその上でお蔭という発想があっての「させていただく」で、強い違和感を感じるのはもしかして私が浄土真宗ではないからなのかな、と思っていた時期があります。

違和感は阿弥陀如来のせいでもなく私が近江門徒ではないからでもなく、単に性根がおそらくひねくれてるせいで、「させていただく」という言葉がでてきたとき、「する」意思を持つ人≒主体性がある人がさも主体性がないように見せかけたうえで、同意を条件にしてるように見えつつも敬語的表現があるので異論があって断れば悪い人間にまつり上げられる可能性を秘めてて、異論を封じ込めやすいすごくいやらしい言葉に感じられてならず、私はまずつかわずに生きてきました、って私のひねくれた性根の話をしたかったわけではなくて。

11日付の毎日新聞に「させていただく」に関して言語学者の椎名美智法大教授のインタビュー記事が載っていました。詳細は毎日をお読みいただくとして、興味深かったのは椎名教授がアンケートをとったところ「させていただく」にある(相手の同意を求める・相手の許可を求める)使役性について意識してる人いまは減少してるそうで(結果として発話者も受信者も使役性を意識してないので政治家が仮に「反省させていただく」と発言しても発話者も受信者も違和感を感じる人がそれほど多くは無くなってきているわけで)、異論封じ込め的側面や同意に関する使役性にひっかかっていた私のようなのは少数派で、言葉の変化について行けてなかった、ということになりそうです。言葉は生きているといえばその通りなのですが「あ、時代に取り残されてしまったのか…」という衝撃が今朝は少しありました。おっさんになったのだな、というか。

また椎名教授は、相手次第の「させてくださいますか」に比べて「させていただく」は相手に触れずに済みつつ距離を置きながらその上で敬意を示せることも述べ、相手に触る面倒を避けながら丁寧な人と思われたい、などの気分の反映が「させていただく」の急増につながってるのではないか?と指摘してて、確証は持てずなんとなくなのですがその指摘は間違ってない気がします。

ただ、なんだろ、もし仮に椎名教授の指摘が正しかったとしたら、いい人には思われたいけど面倒を避ける人が増え(≒異論があったとしても触れずに封じ込めて)、+他者の同意が必要な場面でも他者の同意を得るための言葉を知らない人が増え、ということになるので、それはそれでこの世に住むことはちょっと地獄のような気が。

「丁寧な人間とも思われたい」などと思ってないのでって、いちいち書かなくても良いことを書いてるおのれのひねた根性は横に置いておくとして、同意封じ込め的効能があるようなきがしてならず、強い違和感が解消したわけではないのでたぶんこの先も「させていただく」は私は使うつもりはなかったり。

「専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話」を読んで

「専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話」(忽那賢志・幻冬舎文庫・2021)を読みました。たいへん勉強になりました、で終わらすには惜しいので、書きます。

感染症の本当の話、と題名にあるように「感染とはなにか」というところから本書ははじまります(P16)。感染症の感染経路、ウイルスや細菌との差や風邪になぜ抗菌剤が効かないのかなどを含め、詳細は本書をお読みいただきたいのですが読むこちらの知識の欠損がある場合、それらを補うように丁寧に書かれています。たとえは悪いのですがそれらは丁寧な前戯みたいなものでのちのち新型コロナに関する記述を読むときに苦も無く・ぬるっと入ってくる伏線になっています。

題名にもあるように新型コロナに関するトピックもある程度のボリュームがあるのですが、それ以外のインフルエンザ(P43)や風疹(P58)、蚊が媒介する日本脳炎(P68)やデング熱(P71)などの感染症についても症状や治療法について簡潔かつわかりやすく触れられています。無知をさらすときわめて身近に存在するダニが媒介する感染症(P73)などは正直この本を読むまではまったく知りませんでした。

いくらか脱線して自らの無知をさらにさらします。

エイズ(P87)に関しては多少の知識はあったものの、梅毒(P79)という言葉を知ってはいても罹患したことが無いので実はどういう症状が出てどういう状況下で感染するか、というのは知りませんでした。淋病とグラジミア(P80)も同様で罹患したことが無いので今回はじめて知識を得ています。やはり詳細は本書をお読みいただきたいのですがこれらの知識は10代後半に知りたかったな、という気が。私のいた学校がすっ飛ばしただけかもしれないのですが。

話をもとに戻します。

本書では新型コロナについては(場合によってはインフルエンザなどと比較しながら)症状やワクチンの見通し、後遺症、いわゆる変異株等について詳細に丁寧に2021年2月の段階で判明していることが述べられています。詳細はやはり本書をお読みいただくとして。

また(新型コロナに限らず)「感染はどうやって防げるのか」ということについてもまとめられています。当然感染経路ごとに違うのですが、新型コロナやインフルエンザでは手と指を清潔にすること≒手洗いなど(P167)とマスク(P172)になるのですが、マスクについてひとつだけ気になったのが

マスクの着用の注意点としてもう一点、同じマスクを長時間に渡って着用し続けるのはよくありません。電車内で人の飛沫を浴びたり、あちこち触れた手でマスクに触ったりすることでマスクが汚染されていきます。したがって、外出先からオフィスに戻ったタイミングなどを見計らって、できるだけこまめにマスクを交換するようにしましょう。

マスク着用はたしかに有効な感染防止策ですが「とにかくマスクをすればよい」というものでは決してありません。

 「専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話」P174

という点です。「とにかくマスクをすればよい」と思っていたわけではありませんが、正直、これを読むまでは出勤時から帰宅するまで不織布マスク1枚で通していました。マスクが安くなってるのを奇貨として読んでからは1日2枚使うようになっています。もしかしたらもっと換えたほうが良いのかもしれません。でもって、もうちょっとこのことが知られても良いような気がするのですが、そうではないことのもどかしさがあったり。

本書では体験に基づいたことも赤裸々に書かれています。百パーセントの信頼できる検査などないとしたうえで、性行為が考えにくい小学生に虫垂炎の術前検査の一環でHIVウイルスの検査をしたら陽性反応が出た事例を述べています。忽那先生の居た病院がどうしたかを含めて本書をお読みいただきたいのですが、検査に百パーセントの信頼性がないときに「とりあえず検査」をすることが良いとは限らない(P218)わけで、検査の限界とその対応も触れられています。

あとがきには「コロナに終わりがあるのか」という副題がついていました。「まあしばらく無理だろう…」と予測しながら読みすすめると、ワクチンに期待しつつ変異株の出現に触れつつ

ワクチンは変異株に合わせたものに修正して製造することができると言われていますが、ウイルスの変異とワクチンとのイタチごっこが始まってしまう可能性もあります。

「専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話」P261

可能性の問題として悪い方向の話もきちん触れています。手洗いやマスク着用、三密を避けよう、という結論に至るのですが、悪い予測も載せる点でもしかしたら誠実なドクタなのかな、と勝手に想像しています。

本書は個人的にはおぼろげだった知識がある程度クリアになっていて、買っておいて勉強になった一冊でした。また、新型コロナの症状や風邪などとの症状の差異(P196)、自宅療養時に息切れ・息苦しくなったら危険信号(P133)などのもし罹患してしまった時のことも載ってるので、しばらく本棚の判りやすい位置に置いておくつもりです

ローカル路線バス乗り継ぎの旅のことふたたび(もしくは蛭子さんのこと)

内輪の話をするとはてなユーザー以外の人からするとわけわかめになってしまうのですが、はてなでブログを書こうとすると編集画面の目立つところに今週のお題というのが出てきます。はてな今週のお題が「おうち時間2021」で、そこには

家で過ごす時間が増える昨今、みなさんはどう過ごしていますか? 

と書かれてはいます。

のっけから話は横に素っ飛びます。

いま住んでいる街は自治会があって、数年に一度くらいの割合で当番が来ます。無視したいところですがソトヅラよしおさんなのでそういうわけにもいかず、今春から当番にぶちあたってしまってて、先月中旬から月末にかけて自治会費の集金をしていました。私はリモート勢ではないので8軒あるうちある程度は週末に、週末に居ないところは早めに帰れた平日夜に集金できたものの、最後の1軒は週末も早く帰宅できた平日も留守で、かといって曜日を問わず夜8時以降は迷惑かと考えて訪問の趣旨をメモして郵便受に投函しておき、別のはやめに帰宅できた日にその家に電気が灯ってるのを確認して訪問すると在宅で、メモが効いたのかねぎらいの言葉とともに集金に成功しています。「やっと肩の荷が下りる!」とその日の夜、8時前であったので幹事役の自治会の役員さんの自宅にそのまま行くと留守で、お金を郵便受に入れるわけにもいかずに趣旨をメモして投函して日を改めて訪問し、連休の前半にやっと業務を終わらせています。そういうことがあったので「家で過ごす時間が増える昨今」って「ほんとかよ」というのが実感としてあったりします。

話をもとに戻すと、連休後半は最初は信州への旅行を計画して感染の拡大を受けて断念し、次いで銀座松屋アニメージュジブリ展を見たあと近くのサッポロライオンでビールというのをニンジンにして仕事に励んでいたら両方とも休業してしまい、感染力の強いウイルスにまつわる報道をみたせいもあるのですが、後半は4日ほど休みになってのうち一度だけ外せぬ用があって三鷹市へ行った以外は残り3日は結果的にほぼ住んでいる街から出ませんでした。その点では意図せず「家で過ごす時間が増え」てます。冬物を仕舞ったり丁寧に風呂の掃除をしたり昼寝をしたり本を読んだりテレビを観たりしていました。

前置きが長すぎた。

4日の夜にBSテレ東太川陽介さんと蛭子能収さんのローカル路線バス乗り継ぎの旅の京都から宮島まで向かう回の再放送をやっていて偶然それを知り、(2009年の放映ですから12年前のものなのですけど)最後まで見ちまっています。途中、大阪の枚方市を目指すのですが蛭子さんはマイカタ市と読んで窘められます。が、知らない地名でも間違いを恐れずに口にするのをみて「蛭子さんやはりすげー」と思っちまってます。その直後「間違いかどうかもわからないけどじっとしとくより乗ったほうが良いよ」とほぼ直感で来たバスに乗ってしまいます。他にも近鉄大久保駅で「ここ何も面白そうなものなさそうだよね」と空気を読まずに地元の人の前で発言しそれを受けて太川さんが地元の人に観光名所を尋ねてそれに従いさして遠くない一休寺へ行ったりもします。上記のように「ほんとかよ」と疑ってしまったり・どちからというと「間違いがないように」とか考えたり・その場の空気を読んで発言しなかったり、ということを私はしがちなのですが、根にそこらへんのことがなさそうな蛭子さんの行動を眺めてると私が抱えるそれらは「ほんとに必要なのだろうか?」という、人として根本的なところの疑問がどうしても浮上してきちまいました。もちろん正解はわかりません。正解があるかどうかもわかりません。

でもって、意図しないおうち時間の夜って、人を哲学的にさせませんかね?(異論は認める)

山形の味付秘伝豆

地域の産業をいかにして守るか、という命題があるのかどうかまではわからぬものの、去春からこちら、いままで存在すら知らなかった食材を東京でも目にするようになりました。たとえば魚のすり身に唐辛子を混ぜた島根の赤天ぷらを去年はじめて知って・食べています。その取り組みは今でもあちこちで続いてるらしくて、物珍しさに負けてつい手をのばすことがあります。

今日、手をのばしたのが山形の味付秘伝豆です。

青大豆を煮て冷やしたもので、「そのまま酒のつまみにでも」と袋の説明書きに書いてあったのでそのまま食したのですが、それでも充分イケます。漬け汁にはいくらか砂糖が入ってるっぽいのですがまったく気にならなくて、固く煮てあるせいか噛むごとに大豆のほのかな甘味というか旨味が口腔内に広がりました。ただし若干癖になるので黙々と箸がすすんでしまい(黙々と豆を箸でたべるおっさんをご想像ください)、固く煮てあるのであごが若干疲れてくるのが難点といえば難点です。

説明書きには炊き込みご飯も推奨してあったのですが、一袋しか買っていないので試してません。不要不急の外出を控えたほうが良いのは承知なので明日行くのは避けるつもりですが、次行くときまで売れ残ってればいいなあ、と不穏当なことを考えちまいました。矛盾することを書くと「もっと売れてもいい」商品とも思っています。

山形には行ったことがなく、なので恥ずかしながら青大豆という品種も秘伝豆もはじめて知りました。まだ見知らぬ美味いものがあるのだと知ると「コロナでは死ねないなあ」感があったりします。

お題「これ買いました」 

三鷹電車区の跨線橋のこと

太宰治という人の小説ではじめて読んだのが「富嶽百景」です。出てくるところが御坂峠とか甲府とか知ってる土地であるせいもあってなんだかよくわからないけど読んでいました。そのあと「お伽草紙」を読んで仰天します。誰もが知る昔話がベースになってるのですけど雀とだけ会話するお爺さんに嫉妬するお婆さんとか詳細は小説をお読みいただきたいのですが一筋縄ではいかない作家である、という印象を持ち続けています。他にも「誰」という短編があるのですがなんだかお笑い的な「オチ」を意識していている気がしてならず、いったいどういう人であったのか、興味が尽きないところがあります。

東京の多摩に三鷹というところがあります。太宰が晩年に住んだのが三鷹です。太宰と全然関係ありませんがこれを書いてるやつが未成年の頃によくうろついていたのが三鷹です。

三鷹駅の西側に電車庫があります。その電車庫にかかる跨線橋は夕焼けの頃や雪の夜がきれいで、お前バカだろ?ってなことを書くと見せたいものがあると言ってホッカイロ持参でデートで雪の夜に行ったこともあります。ここ10年くらいで知ったことですが(雪の夜かどうかは知らぬものの)太宰も訪ねてくる人が居るとよくここへ連れ出していたそうで。つまり太宰が生きていた頃にはこの跨線橋はあったことになります。

30日付の毎日新聞で知ったことですが出来たのが昭和4年(1929年)で、当然のこととして耐震性に疑義があり、補強できるかも不透明でJRと三鷹市で協議したものの撤去の可能性があるとのことで。個人的な過去の記憶と結びついてる場所なのでなんとか残してくれないかな感があるのですがって、おっさんの追憶はどうでもよくて。

太宰が生きていた頃の痕跡はほとんど残っていません。左側の工事中のビルのところに以前あった小料理屋さんの2階が最晩年の太宰の仕事場で、向かいのマンションのところにあった建物の2階に一緒に入水自殺する女性が居て、そこから2人して奥に見える玉川上水へ向かうわけですがその玉川上水は場所こそ変わってないのですけど

いまは緑が生い茂ってて、身投げしようにもたぶん枝に引っかかるかなあ、と。

跨線橋は作品には一切出てこないものの太宰治が生きていた頃から現存するおそらく最後の太宰治の痕跡でその点でもいくらか貴重なもので、ちょっと惜しいな、と。卒論が太宰だったわけでもなくそもそも文学部卒ですらなく文学に詳しいわけでもないし、そこに痕跡があるからといって深い理解につながるわけでもないので、その感想は噴飯ものなのですが、稀有な作家の痕跡が消えちまう可能性があるのは繰り返しますが、惜しいです。

マスクをして1年以上経過しての雑感

いくらか性格の悪さは自覚してるのですがいままで聴覚などが悪いとかそんなことはありませんでした。ただマスク生活になってから個人的に「もう一度お願いできますか」と聞き返すことが出てきました。聞き返されることも若干増えて、たぶんマスクのせいだと思ってて、気を付けることができる部分は対応しようと考えて、発音するにあたってなるべく母音を意識した方が良いらしいよ、という確かかどうかわからないけどアドバイスを同僚から貰ってからはなるべきそうはしています。

が、プロではないので完全ではありません。

あるコーヒー店でそこでMサイズを頼んだら来たのがLサイズだったことがあって、どうやったら正確に伝わるかを考えて(SMのMじゃまずい気がするので)以降コーヒー店ではミドルサイズのほうのMというようになりました。そんなふうに工夫はしていますが、なんだろ、この1年、聞き間違いを含めなんとなく言語による意思疎通が以前より巧くいかないな感があったりします。日本語であっても言語に関する意思疎通にどこか自信が無くなったり、ってのもあります。

話はいつものように素っ飛びます。

3回目の緊急事態宣言の前に感染症の専門医の尾身茂先生が不織布マスク着用徹底を呼びかけててそれをNHKで視聴して、専門医の先生が云ってるんだからそのほうが良いのだろうと考えて、ここのところ価格が安いのを奇貨として外出時には勤務先に行くときも近場のファミマに行くときでも不織布マスクです。ただ街中ではウレタンマスク派がけっこういて、LとMと違って不織布を別のなにかと聞き間違えることはなさそうな気はしますが、以前より言葉による意思疎通にいくらか自信を失いかけてることもあって、もしかしてなにかと聞き間違ったのだろうか?的な不安がちらっと頭をよぎってます。うまくまとまらないのですが。

我ながら厄介な性格をしていて不安っていっぺん疑いだすと拡がっちまうのでなかなか消えないのですが、用心に越したことはないので不織布マスクを続けるつもりです。

話をもとに戻します。

鏡に映るくたびれたおっさんの姿をみて、コーヒーに限らず意思疎通が巧くいきそうにないと予測されるときにどうやったら相手が間違わずに済むかであるとかずっと考えていたらそりゃ疲れる・すり減るよなあ、と、少し増えてしまった白髪をなでながら気がついたのですが。

でもって白髪増えた人、この1年で増えたんじゃないかなあと想像します。白髪染めの会社の株でも買おうかと考えて新聞の株式面を開いたのですが、白髪染めを買ったことが無いので会社名が判らないことに気がつきました。それじゃダメじゃん

「今日よりも明日が良くならないかもしれないと感じる場合」どうすれば?

以前に似たことを書いてるはずなのですが、書きます。「なぜゲイは簡単に身体をあわせてしまうのか」という説題をweb上の知り合いからずいぶん前に投げかけられたことがありました。以前読んだ秋里和国さんの「TOMOI」の中に不特定多数の同性と性的関係を持つ可能性のある場所にゆくリヒャルトさんという人がでてくるので設題の趣旨はわからないでもなかったのですが、でも「それってゲイだけですかね?」と咄嗟に答えた記憶があります。理屈があるようでないのですが「今日よりも明日が良くならないかもしれないと感じる場合に、いまの楽しみを優先する」行動をとるのは判らないでもなくて、だとしたら属性や性別は関係ないんじゃ、と。

もちろん作中のリヒャルトさんがそう考えていたかなんてわからないです。ただ舞台はいまよりAIDSがよくわかっていなかった80年代で、リヒャルトさんは医師でその時代に最先端の医学情報を知りうる・先が予測できる立場に居た人であったりします。「TOMOI」では主人公がリヒャルトさんを探しに行きます。その後リヒャルトさんと主人公がどうなったかは単行本をご覧いただくとして。

いつものように話は素っ飛びます。

勤務先のそばの地下街のキリンシティはビヤホールでありながらいまビールの提供がダメなので休業中です。都内全域でそうですから報道されてる路上や公園で飲酒する人の存在は不思議でも何でもないです。ワクチンもいつ順番が来るのかわからないし、仮に五輪を開催するとなるとコロナ対応やワクチン接種準備などで大変な病院や地区医師会から要員を派遣してもらう計画であるとか(4月3日付毎日夕刊)、映画館も劇場も博物館も植物園も閉まってしまい+都県境はまたぐなという御触れがでてて、報道に接すれば接するほど「今日よりも明日が良くならないかもしれないと感じる」ので、「いまの楽しみを優先する」行動はそれほど変なことにも思えないので、同じ行動はしないものの、根っこのところではどこか理解できます。

心理学とか一切やってこなかったのでまったくの門外漢なのですが、「今日よりも明日が良くならないかもしれないと感じる場合」に(仕事の都合で穴をあけるわけにはいかないので)「いまの楽しみを優先する」わけにもいかない場合、どうやったらその日その日を切り抜けていけば良いのでしょうか。新聞は読んでもテレビは最低限しか見ないようにはしつつ・読む本を買いためたりしつつ・料理について考えたりしつつ、いつか終わりが来ると考えて耐え忍んでいますが、先が見えないってのはちょっとしんどいな、と。

地下鉄とJRの乗換駅で発車ベルが聞こえてあわてて階段を駆け上がり、無事乗れたはいいけどマスクが外せないのもちょっとしんどいのですが。