弁財天のこともしくはゲン担ぎより大事なこと

ブラタモリでもやったのですが吉祥寺の井の頭には弁財天がいます。井の頭の池に男女でデートで行くとなぜか弁財天が嫉妬してそのカップルは別れることになる、という伝説がありました。中央線もしくは井の頭線沿線の、かつてガラスの十代だったいま四十代くらいのおっさんならある程度知っている伝説です。じゃあ野郎二人なら弁財天はどうするの?という実験したやつのことは横に置いておくとして、そういう嫉妬深い弁財天が近くにいるとうっすらと「頼めばなんでもかなえてくれるような、神様は都合のいい存在ではない」と悟ります。デートを続けるうちにデートで他人を飽きさせないような、そういう努力をする奴だけに力を貸すのではないか、というような想像も働きます。もちろん弁財天にあって訊いたことは無いので事実はわかりません。受験のときも湯島天神に行きましたが、弁財天を念頭に道真さんも勉強する奴にしか力を貸さないだろうということを前提にお参りしていました。これも道真さんにあったことが無いので事実はわかりません。弁財天の影響でいまでもどこへ行っても「がんばるのでよろしく」的な漠然としたお願いしかしてません。お守りもまず買いません。ただ十二指腸潰瘍のときに病気平癒のお守りを貰ったので、それだけはしばらく肌身離さず持っていましたが。
はてな今週のお題が「ゲン担ぎ」なんすが、ゲンを担いだところで事態はまずなにも変化しない、そんな都合のいいことはないだろう、と考えちまいます。弁財天の影響です。おそらく巧くいくかどうかは最後はそれまでにどれだけ対策したかとかなにをしたかで決まっちまうことがあるはずです。もちろんついてきてくれる後輩とかの手前、ちょっと大事なことの前などに景気づけにとカツサンドを食べたことはあります。が、カツサンドで勝てたとはもちろん思っていません。
むしろここぞというときには個人的には目の前にニンジンをぶらさげることをします。対策をしても不安はなくならないことがあります。不安があるとき食欲が落ちますが、食欲が落ちればテンションも体力も下がります。そういうときに食欲を上げるためのものを用意しておきます。たとえば福太郎という店の明太子が好きなので買っておき、ちょっとずつ食べてゆきます。つくづく思うのですがたいていのことは美味いもの喰えば・美味いものがあれば、なんとか頑張れるし乗り越えられます。ゲンを担ぐよりなによりも大事なことは、美味い飯を食うことだと思うのですが。