2024年5月の新宿駅西口

渋谷駅は東横線が地上にあったころはそれほどでもなかったのですが、東横線が地下深くに入ってしまったあとに駅が複雑になった印象があって東横線から井の頭線に乗り換えようとして歩いても歩いてもなかなかたどり着けずほんとにダイジョウブなんだろうか?と不安になった経験があります。が、不思議と迷ったことはありません。

新宿駅も構造が複雑です。通勤に使う駅ではないものの、小さいころから藤沢や小田原へ行く小田急線に縁があったこともあって、迷ったことはありませんでした。過去形で書いたのは恥ずかしながら今年に入ってから一度、小田急線からJRに乗り換えようとしてJRの改札口に一発でたどり着けず、迷ったのです。ゲームをやらないのでダンジョンという言葉をちゃんと理解しているか怪しいのですが迷路に似た構造を持つ空間を意味するダンジョンといったはずで「ああこれがダンジョンというやつか…」と、いまさらながらに理解しました。言い訳をすると小田急線の新宿駅が現在工事中で、以前と異なっていたのが敗因です。

さて、日曜に新宿に出た折に地上を歩いて知ったのですが

以前あった小田急百貨店の本館が小田急新宿駅の工事に関連して取り壊され、遮るものが無いので東口のビルが見えていて、なんとなくもの珍しく思えたのでスマホを構えていると見知らぬ人が「今度はアルタも無くなるらしいですよ」と云って去ってゆきました。そばに居た彼氏が笑いを堪えていて、どうもお上りさんと勘違いされたのに気が付いたのですが、でもこの眺めいまだけだと考えると撮りたくなりませんかね。ならないかもですが。

話を元に戻すと地図が書き換わる瞬間を眺めることが出来るのは興味深い…と感じます。しかしそれよりもなによりも新宿ではしばらくは迷って遭難しないように注意しながら歩く予定です。