明太子、海鮮丼、青ブタの新刊(もしくは「小さなご褒美で目をそらす作戦」について)

極めて個人的なことを書きます。

私は「めんどくさい」と思うと途端にやる気を失うことがあります。そうなると「靴屋小人さんが寝ている間にやっておいてくれないだろうか」などと考えるようになります。しかし「靴屋小人さんが寝ている間にめんどくさいことをやってくれる」ということは残念ながら(…残念ながら?)異世界へ転生しない限りまずありません。そもそも「靴屋小人さんが」などと考えている時点ではっきりいって時間の無駄で、めんどくさいことにとりかかったほうがまずは合理的です。なので「めんどくせえなあ…」といいながら取り掛かることが多いです。今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」を引っ張ると、めんどくさいことを手がけはじめたら必ずおのれへの小さなご褒美を与えます。それは黒ラベルであったり、しば漬けであったり、明太子であったりします。おのれへのご褒美を与えないほうが安くはつきます。が、「なんでおれこんなめんどくさいことやってるんだろう」となったとき「とりあえずこの作業を終えて帰宅したら明太子を食べる」と思考を変換すれば先へ進めます。注意しなければならないのはご褒美はおのれにとって魅力的なものである必要があることです。いくらか主語を大きくすると、魅力的なご褒美があれば人間多少のめんどくささややる気の無さはなんとかなるのではないかな、と(異論は認める)。

くだらないことを書くとこの小さなご褒美で目を逸らす作戦は応用が利きます。眼科の手術を先週うけていたのですが、術後に彼氏に海鮮丼を差し入れてもらう約束をしていました。手術室に入る前の準備の時間、手術部位が手術部位ゆえに事前の丁寧な説明があっても若干の怖さが無かったわけではないのですが、そのたびに海鮮丼を想起して「どんな海鮮丼なのだろうか」とかいままで食べた海鮮丼について想起したりついでに「そういや藤沢のシラス丼美味かったよな」とか思考が飛び、雑念を払拭しています。もっとも術後は眼帯をしていてメガネをかけられず、裸眼ではわさびの見分けがつかなかったのでそのまま口にしてしまい、きわめて小さいけど悲劇がおきています。眼科の術後に海鮮丼は避けたほうが良いです…って、そんな話はどうでもよくて。

最後に些細なことを。はてなハイクというSNSが以前ありました。いろんな人が居たのですが、チームワークが苦手となぜか書く人が居たり昼間に視たものについて感想をのべる人が居ました。それはそれでどってことないことかもしれないのですが、それらを帰宅してみてしまったある夜、根回しをしたり昼間働いてるこちらがみじめに思えてきたことがあって、SNSは他人の動きが可視化されますがその可視化はおのれに悪影響を与えかねないと考え、それ以降は余裕のないときはSNS的なものからなるべく離れるようになっています。ここらへんのこと、人によって解が違うかもしれませんが。

なんかこう、小さなご褒美をぶら下げて処理するというのはこどもっぽいかもしれません。匿名を奇貨として恥かきついでに書くと来月、続けて追っている青ブタの新刊が出ます。11月もいくらかめんどくさいことをしなければならない日が続くのですが「今月切り抜ければ新刊が待っている!」とその新刊もおのれへのご褒美扱いにして切り抜ける所存です。