続・不良都民の休日

通勤に使うJRも地下鉄も走行中は窓が5センチから10センチ程度開いています。新型コロナ対策として空気の換気のためです。さらにほぼ全員がマスクをみんなしています。それでなんとかなるのかは私は科学者ではないですからわかりません。片付けなくちゃいけない仕事がありますから受容して出社してます。その状況下で根拠不明ながら感染拡大に通勤電車が関係してるのかのような不安を煽る言説をみると「どないせえっちゅうねん」と怪しげなどこかの方言がでてくるのですが。でもって今回の疫病は「不安を言葉にして隠さぬ人」と「不安を言葉にせず現況を受容する人」を浮かび上がらせたよなあと思うようになっていますって、真面目な話をしたいわけではなくて。

神奈川の相模川沿いに相模一宮の寒川神社があります。八方除けといって禍事を取り除き大難を小難にする御神徳のあるところで、やるべき予防はやりますが万一の大難を小難にしてもらえたらと考えて日曜に参拝して御守を分けてもらいに行ってました。文字通りの神頼みです。都民はしばらく特別の夏で観光や遠出はNGといわれてるものの、隣県で観光にも遠出にもあたらないし許されるかな、という判断です。もちろん終息してまだ生きてたらお礼に来る予定です。

手洗いなのですがコロナ感染対策で柄杓がつかえません。なので対策がしてあって竹を割ってその上に清めの水を流して零れ落ちるようにして、それで手を・手を使って口を清める寸法です。神様も疫病を受容して対策してるのかと思うとなんとなく笑えてきたのですがって、ほんとは笑いことではない、かな。

寒川からそのまますぐには灼熱の都内には戻らず今回もしばらく海で涼んでいました。

神奈川全域で今夏は海水浴場を作らず海の家もないので静かです。ただ大磯のローソンでは男物の水着を売ってて、もしかしたらこっそり泳ぐ人がけっこういるのかも。

デカいのがくる!と目測を立てたものの

その十秒後それほどでもないかな、と思わせといて

五秒後、しっかり足許に来ました。泳げないことはないけど大磯はけっこう波が荒いです。現場からは以上です。