何度か書いたのですが、こどものときに割礼を経験しています。しかし周囲にはそんなのは一人もいません。みんなダビデ像と同じです。なので水泳の着替えは憂鬱で異質な下半身に劣等感もありずっと隠すべきものでした。水着を着てけばいいんじゃね、と思いつき、実行したこともあります。泳いだ後は着替えなくちゃなので裸にはなるのですが、一回は回避できます。いまから考えればどってことないですが、当時はわりと真剣に考えていました。Windows 95がちょうど大学生の頃で、つまり思春期の頃はインターネットの時代より前なので、部位が部位ゆえにおのれが異質ではないということを知ることはできてません。無修正ビデオは世の中にあったかもしれませんが、ビデオデッキはうちにはありませんでしたし。異質でないというのを知るのと劣等感が消えたのは童貞と処女を失ってからです。
その後大学で憲法を学ぶことになるのですが、言論の自由表現の自由に付随する説明で「各種の情報や表現を制約なく受け取り・知ることにより人格形成に資する」という一文に接します。この一文がすとんと腑に落ちたのですけど、劣等感を持っていたときにもし各種の情報や表現にもし接していれば、おのれが異質ではないことを知っていれば、劣等感を感じずに済んだかもしれない、という意識があります。実際には部位が部位ゆえに難しかったかもしれません。でもしかし、ということを考えちまいました。
ブログを含め個人が気軽に情報発信できる時代になって、もちろん個人が欲しい多種多様な情報にアクセスできるようになって、割礼しててもおれみたいに劣等感を持つことなく青春を送っている十代もいるのだろうな、というのが容易に想像でき、「各種の情報や表現を制約なく受け取り・知ることにより人格形成に資する」という言論の自由とか表現の自由という趣旨の実現とインターネットは深くかかわってるかもしれなくて、インターネットというのはすげーよなーという毒にも薬にもならない感想を持っているのですけど、なんだろ、録画し損ねた平成ネット史(仮)にからめてインターネットに関してもうちょっと高尚なことを書きたかったのですが、おのれにまつわることからしか書けなかったり。