日常

ちょっと難しい宿題

先日受けた健診の結果が一昨日戻ってきて、あなたは肝っ玉が小さいとか心が狭いとか指摘されるよりは良いのですが今年は心臓と肺と血液が悪いという指摘がありました。心臓は以前いっぺんだけ左室肥大でひっかかってはいたのでそれほど驚きはありません。で…

イチ押しアイスの食べ方を申し訳なさそうに釈明する

誠に遺憾ながら先日、バニラアイスに赤ワインを掛けて食す、という事態が発生しました。このはてなブログを読む訪問者のアイス欲および赤ワイン欲を惹起するための画像も撮影することをせず、以前の泡盛のときと同様に酔っぱらいながら淡々と食べてしまった…

ぬた

梅雨明け十日は暑さが厳しいといわれますが、やはりここ数日かなりきつくて、バテてます。食欲があまりなくても喰うようにはしています。今日は(いったんしんなりするまでちょっと茹でないとまずいのですが)ネギとちくわでぬたを作って食卓に載せたのです…

身についた速度

私が大学生だった平成ひと桁の頃にはすでに駅のエスカレータの片側を空ける習慣というのがあったはずです。なんでそんなことを覚えてるかと云えばその頃、エスカレータの片側を空けない人が居てそのうしろに立っていた人に、「目の前の人に空けるようにあな…

12位牡羊座

たぶん前にも書いているはずなのですがここ数年わりと悲観的に予測するようになっていて、それを踏まえて準備や根回しをしたりします。それはヒラメ…じゃねえ、加齢によるものなのかどうかはわかりません。(進路はおのれの手で拓きたいので重要ななにかを誰…

大足族の嘆き

日本語が不思議なのは「大きい≒バカ」にされがちなところでたとえば「バカの大食い」という言葉があります。「大男総身に知恵まわりかね」なんてのもあります。そんななかで「バカの大足、マヌケの小足、中途半端なろくでなし」っていう理不尽な言葉がありま…

気圧の降下

数年前からたまに(なぜか右だけの)偏頭痛が午後から夕方にかけて起きることがあります。がまんできる程度のものなのでやり過ごせます。ただ地味にストレスです。以前仕えた上司が気圧が低いと似たような症状がでていたので、それを思い出してこれは気圧だ…

予測が外れることに関する言葉

なんでそうなったかはわからぬもののいつからかどちらかというと悲観的に物事を予測する癖がついてしまってて、前任者のアドバイスや現況を考慮すると次善の策も練っておいたほうが良いのかな、というのが抱えてる仕事に関してありました。 ところが今日にな…

仕事では大きなポカというのはないのですが、仕事以外での緊張感のないときの小さなポカというのは無いわけではありません。 前に書いたと思うのですが、コンタクトレンズのLとRを間違えてケースに入れ、翌朝右目用の度の強いレンズを左目に入れて「!」とな…

音の記憶

用があって小田急で神奈川県下に行ってたのですが、往路で新百合で快速急行を待ってると目の前に目的地とは違う箱根方向へ行く新車の特急が。若干テツの血が騒いだので手持ちのカメラで1枚。 伝統的に小田急の特急は警笛代わりにドミソドドソミド(ソは1オク…

アテのこと2

最初に暗い話をします。母は乳がんで死んでいるのですが、母方の祖母は胃がんで死んでいます。死んだ母の姉の一人が病死する前後、母方の祖母は日本酒をコップに注ぎ台所でよくあおっていたらしく、それががんの遠い要因のひとつではないかと母はよく口にし…

ストレスの海

午後遅く、左の鎖骨のあたりと左の上腕がなんとなくヒリヒリしだし、耐えられないことは無いので耐えていたのですが、退勤のタイミングでトイレの個室で確認したら案の定、蕁麻疹でした。以前やっちまったことがあって、でも去夏の段階で終息していたのです…

泡盛を振る

東京はこの週末けっこうな暑さで夏バテ対策として、ゴーヤを買いました。ゴーヤは去夏にしたごしらえというか扱い方を習得してます。薄切りにしたゴーヤをさっとゆでて水にさらして、叩き梅に醤油とみりんとカツオ節で、和え物をこの週末も作ってます。でも…

間の悪いこと

東京地方は「今年に入って一番の雨になるであろう」というのを昨夜の段階で予報がでていて、「今年に入って一番の雨」というのがどれくらいすごいのか見当がつかなくて、でも最悪を考えてJRがどうなるかわからないので・残念ながらよく止まる沿線の住民なの…

かすみ目

断定の口調というのはわりと印象に残ります。耳で聞いたならなおのこと。〇〇なのに××しないなんて、などと聞いたとき、そこにたいした理屈がなくても断定ゆえに印象に残ってしまうので、耳にした方はそうかな?となってしまいがちです。いちばん印象に残っ…

福神漬けチャーハン

少し前に貰い物の手つかずの福神漬けの活用法について書いてて、チャーハンにするかもなどと書いたのですが、しばらくの間やはり手をつけずにいて瓶と中身を鑑賞しては「漬物でチャーハンか…」などとやっていました。これを書いているのは踏ん切りがつかない…

左を向かない生活

出勤時、いつものように駅のホームへ続く階段に向かおうとして左を向いた瞬間に左の首筋にちょっとした痛みがありました(声が出るほどではない)。寝相は悪くないほうなのですが、どうも寝違えてしまったみたいで、まっすぐのときや右はダイジョウブなので…

イヤな記憶

頭がよさそうな顔をしていないしそもそもさして頭が良いわけでもないのですが、前に仕事で対話せざるを得なかった人に初対面のとき「ああ頭悪そうって思われてるのかな」っていう態度が、言葉の節々になんとなくありました。途中からあれこれ質問を投げかけ…

寒の戻り

よく使ってるクリーニング屋さんがあるのですが、以前は1個当たり15円引きのクーポン綴りをよくくれました。ところが去春あたりからその15円引きクーポンが消えちまってます。値引きしなくてもこいつはコンスタントに利用してくれてると足許を見られてるのか…

キリマンジャロ偏愛

死んだ両親は台風の日であろうと大雪の日であろうと入院する直前までどんなことがあっても毎朝コーヒーを飲んでいました。それも必ずキリマンジャロで、そんな家庭に育ってキリマンジャロを小学生低学年の頃からずっと飲んでいたので親が居ないいまでも朝は…

いちばん最初のコンパクトデジカメは関与した建物の経過を撮るために自費で買いました。頑丈そうなゴツいCanon IXY DIGITAL30を買っています。それを11年くらいつかっていたのですが、奈良へ行った際に春日大社でバランスを崩して転び、そのときに落としてジ…

執行猶予

江戸時代に羽村にある多摩川の取水口から四谷まで玉川カルテットが…じゃねえ玉川兄弟が上水道を敷設していて、いまでも玉川上水という名で残っています。玉川上水端にはヤマザクラが植えてあり、そのそばに住んでいるので通勤のため平日はほぼ毎日玉川上水べ…

福神漬

漬物ラバーかというとそれほどではありません。ただ例外がひとつだけあっておそらく東京ローカルの漬物のべったらです。大根を麦芽糖と麹で漬けこんだ甘いやつで、日持ちしないので厚く切って早めに食すのが伝統的な食べ方です。べったらと炊き立てごはんだ…

ズボラ

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」という高校生が主人公のアニメをここのところ継続して録画して視聴しています。でもって回によっては心をえぐられます。数週間前の回では福岡から藤沢に来て、数少ない友達から孤立するのを怖れて周囲の空気…

玉子嫌いが喰える玉子

住んでいる街のというかおそらく首都圏のヨーカドーはどこもこの時期、東北の品物を売り込みにかかります。今年も継続してて(なぜかラーメンが多く、でもラーメンはあまり食べないので)売場にあった「かもめの玉子」を先日浮かした分で購入。 私は玉子嫌い…

認めたくないおのれの小ささ

抱えてる仕事のひとつでよその組織との小さいけどいくらかシビアな話し合いがあってて、でもって何回か書いてると思うのですがたまにモチベーションを上げるためにふだん100円台程度の朝に食べる超熟とかのパンを良いものにしたりすることがあるのですが、今…

コショウ

Curiosity killed the catという言葉があります。直訳すれば好奇心はネコを殺す、です。目の前のものがだいたい理解できるとなんとなく別のことを試したくなります。もちろん失敗もあります。いちばん高尚でない失敗はリング状の振動するおとなのおもちゃで…

ちょっとした後悔

数年前からストレッチを意識的にするようになってからいくらか肩こりが楽になっています。背のびをするとか肘を肩より上にあげて後ろにひくとかの程度で、たいしたことはやっていません。ただ本人は以前より楽になってると思ってるのですが、それでも親しい…

人を狂わせるもの

親が既にこの世に居ないこともあって相続の結果、株式を複数持っています。すべて隣県のいわゆる中小企業で無配です。そのうちの1社は筆頭株主なので必ず株主総会に出席してます。でも筆頭株主ではない残りの会社は毎年は出ていません。うち1社は吹けば飛ぶ…

えのすいへ

武蔵野の雑木林の中で育ったので海にはあんまり縁がありません。10代後半に横須賀へ行くことがあってそこではじめて赤色や紫色のヒトデを目撃し後ずさりし、見慣れぬ異形の生命体にうっすらとした恐怖を覚えた記憶があります。その反応が面白かったのかデー…